特定健康診査・特定保健指導

連絡先:078-322-5110

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき実施します。

対象者

40~75歳未満の組合員及び被扶養者

内容

メタボリックシンドロームに関する特定健康診査を行い、その結果、特定保健指導の対象者になった人に、生活習慣の改善を支援する積極的支援または、動機付け支援を実施します。

手続き

組合員には、所属を通じて案内します。
被扶養者及び任意継続組合員は、共済組合が配布する特定健康診査受診券や特定保健指導利用券を持参して、指定の実施機関で受診してください。
※職員定期健康診断または、共済組合が実施する人間ドック・脳ドックを受診すれば、特定健康診査を受けたことになります。

自己負担金

なし
※ただし、被扶養者及び任意継続組合員の特定健康診査の詳細な健診項目(医師が必要と判断した場合のみ実施)は自己負担になります。

特定健康診査の案内をお送りしている被扶養者及び任意継続組合員の皆様へ

下記に該当する方は、所定の様式をご提出ください。

対象様式添付書類
・妊産婦
・海外在住の方
・長期入院(6か月以上)の方
・施設入所(6か月以上)の方
【様式1】除外報告書
パート等勤務先の健康診断を受診した方【様式2】質問票健診結果のコピー