• Home
  • マイナンバーカードについて

マイナンバーカードについて

マイナンバーカードの活用について

👉 マイナンバーカードの利用シーン(デジタル庁HP) 

 2021年(令和3年)10月よりオンライン資格確認システムが本格稼働し、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになりました。
 これにより、健康保険の資格確認がスムーズになることで医療機関や医療保険者等の事務処理コストが削減され、持続可能な制度運営につながることが期待されています。さらに、過去の診療や特定健診、薬剤処方等の情報を活用することで、最適な医療を受けられるようになります。

 マイナンバーカードは健康保険証としてオンライン資格確認に利用する以外にも、公的な身分証明証として利用できるほか、各種証明書発行やe-Taxによる確定申告など様々な手続きに利用できます。また、今後は運転免許証や健康保険証との一体化も検討されており、行政手続きのオンライン申請など様々な手続きに活用できますので、是非ご活用ください。

マイナンバーカードを健康保険証として利用できます

ぜひ、一度使ってみませんか? マイナンバーカードの保険証利用(リーフレット)

※健康保険証とマイナンバーの一体化については、
詳細が決まり次第お知らせします

👉 マイナンバーカードの健康保険証利用について(厚生労働省HP)。
↑マイナンバーカードの保険証利用に関するQ&Aが掲載されています

マイナンバーカードを健康保険証として利用すると、こんなメリットがあります

◎ 健康保険証の代わりにマイナンバーカードで資格確認ができる
医療機関や薬局の受付に設置されたカードリーダーにマイナンバーカードをかざして、顔認証による本人確認で健康保険の資格確認ができます。転職や転居により保険者が変わっても、すでに「健康保険証利用の申込」の登録がお済みの場合は再度の登録や変更手続きは不要です。
※新しい保険者での加入手続きが完了するまでの期間は、オンライン資格確認ができない場合があります。

◎限度額認定証の準備が不要になる。
限度額認定証がなくても限度額を超える支払いの免除がうけられるため、事前に限度額認定証を申請し交付をうける必要がなくなります。
※自治体独自の医療費助成(福祉医療等)については、引き続き書類の持参が必要です。

◎マイナポータルで自分自身の医療に関する情報を閲覧できる。
最適な医療を受けるため、本人の同意により過去の特定健診や薬剤の情報を医師や薬剤師と共有することができます。
また、医療費通知情報をオンラインで閲覧したり、自動入力により確定申告の医療費控除が簡単にできるようになります。

マイナンバーカードの安全性について

マイナンバーカードを持ち歩いても大丈夫!マイナンバーカードの安全性(リーフレット)

申込方法

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、「健康保険証利用の申込」が必要です。
マイナンバーカードをすでにお持ちの方は、マイナポータルやセブン銀行ATMなどから簡単に手続きができます。

👉「健康保険証利用の申込」はこちらから(マイナポータル)

👉マイナンバーカードの交付申請はこちらから (マイナンバーカード総合サイト)