• Home
  • 共済組合とは
  • 組合員の資格

組合員の資格

組合員の資格取得

常時勤務に服することを要する職員は、法律により採用日から共済組合の組合員資格を自動的に取得します。休職・停職中の職員や、職務専念義務を免除された職員も資格を有します。

常時勤務に服することを要しない職員のうち、以下①~③の要件を満たす会計年度任用職員は、要件に該当するに至った日以後、組合員の資格を取得します。

  1. 任用が事実上継続していると認められる場合において、
  2. 常時勤務に服することを要する地方公務員について定められている勤務時間以上勤務した日が18日以上ある月が、引き続いて12月を超えるに至った者で、
  3. その超えるに至った日以後引き続き当該勤務時間により勤務することを要することとされているもの

(会計年度任用職員向け)

 ※ 組合員資格取得要件の判断基準マニュアル

 ※ 会計年度任用職員(主にフルタイム2年目)に関する共済組合への加入手続き等について

組合員の資格喪失

組合員が死亡または退職したとき、その翌日から組合員の資格を喪失します。
ただし、退職の前日まで継続して1年以上組合員の資格を有した場合は、最長2年間引き続き組合員の資格を取得できます。(任意継続組合員

組合員の資格変更

組合員が退職派遣により異動した場合、異動日以降は、短期給付および福祉事業の適用はされませんが、長期給付(年金)の適用については退職がなかったものとみなされ、継続長期組合員として引き続き組合員の資格を有します。

※在職派遣職員の組合員資格は、転出前と同様にそのまま継続します。